自分のための特価品情報では、各ショップからの特価品を調べて載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気blogランキング うちでは紹介しきれないものも

レビュー Athlon64 3000+をオーバークロックしてみました

レビュー Prime Thunderstorm SLIアウトレット
の記事で書いたPCでAthlon64 3000+(venice)をOCしてみました。

Athlon64は定格でFSB200MHz*5~9倍の倍率固定で、1000Mhz~1800MHzの間で駆動します。
 
倍率は変更できないのでFSBをあげました。HyperTransportがちょうど1GHzになるようにFSB250MHzで動かしてみました。250x4=1000
 
FSB:250MHz
HyperTransport倍率:x4(250x4=1000)
メモリ:非同期DDR333設定(400Mhzで動作)2.5-4-4-8
(いわゆる4:5設定というのでしょうか。)
PCI:33.3MHz固定
PCI-Express:100Mhz固定
CPUFAN:CoolerMaster DK8-8ID2A-OL
 
CPU以外は定格動作するようにしました。
Cool'n'QuietはONで。CnQにより、低負荷時1250MHz、最大2250MHzで動作してます。
 
SuperPI高負荷時でCPU温度47℃。3355万桁も通ります。

簡単にπ結果。
SuperPI FSB200FSB200時


SuperPI FSB250FSB250時


104万桁 48秒→39秒
3355万桁 44分52秒→34分18秒
SanDiegoコアの3700+は明日取りに行ってきます。楽しみです。
スポンサーサイト

人気blogランキング うちでは紹介しきれないものも

コメント

この記事へのコメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。